八ヶ岳ハイキング

●八ヶ岳 
オーレン小屋で薪で沸かす檜展望露天風呂、硫黄岳・横岳縦走
やまびこ荘にヤマネ・モモンガに会いに
天狗岳ハイキング

●開催日
7月16日~19日

●日程
☆16日☆
10:00 桜平駐車場集合
11:30 オーレン小屋受付 (素泊まり6500円~)×2泊
12:00 岳樺キャンプ場 テント設営(大人1000円、子供500円)×2泊
13:00 山のパティシエHisaが作るランチ
18:00~20:00 オーレン山の湯 檜展望風呂(テント泊お風呂1回500円)

☆17日☆
5:00 朝ごはん
6:00 オーレン小屋出発
8:30 硫黄岳
9:00 硫黄岳山荘 休憩
9:30 硫黄岳山荘 出発
11:00 横岳
12:30 硫黄岳山荘 昼ごはん
13:30 硫黄岳山荘 出発
16:00 オーレン小屋
18:00~20:00 オーレン山の湯 檜展望風呂(テント泊お風呂1回500円)

*硫黄岳山荘の到着時間により10時を過ぎた場合、横岳までは行かずオーレン小屋に戻ります。
11時になった時点で横岳に到着していなかった場合も途中でも引き返しオーレン小屋へ戻りますので、ご了承ください。

☆18日☆
6:00 朝ごはん
7:00 オーレン小屋出発
9:00 根石岳
10:00 東天狗岳
11:00 根石岳
13:00 オーレン小屋 昼ごはん
14:00 テント撤収
15:00 オーレン小屋出発
15:30 やまびこ荘 休憩、各自夕ご飯
18:00~ ヤマネ待ち
23:00 ヤマネに会えていたら寝る

☆19日☆
8:00 朝ごはん
9:00 やまびこ荘出発
11:00 桜平駐車場

●参加費:円


●集合場所 桜平駐車場又は登山口 10:00

●料理
・真鯛のポワレ アチェトクリームソース

八ヶ岳 ヤマネ・モモンガに逢いにいこう


(ヤマネ)

ネズミやハムスターは尻尾が短く毛があまりありませんが、ヤマネはフサフサの長い尻尾と背中に一本黒い筋があります。
 
日本に生息するヤマネは絶滅の危機にあり1975年に国の天然記念物に指定されました。
冬眠生活が長いことや夜行性ということもあり、生息する森の中でも滅多に出会うことができません。
日本には2,000万年前からヤマネの生息が確認されていることから「生きた化石」と呼ばれています。

八ヶ岳にある「やまびこ荘」では、暗くなると、ヤマネやモモンガがごはんを食べに遊びに来る全国でも珍しい山小屋です。
2019年に開催したこの企画では、ヤマネもモモンガも長い時間遊びにきてくれて楽しい時間を過ごせませた。
リスや小鳥たちにも会うことができました。
 
(モモンガ)

 モモンガ(摸摸具和)は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科モモンガ族に属する小型哺乳類の総称。
滑空によって飛翔する性質を持つリスの仲間です。

モモンガは、平安時代にはムササビと区別されておらず、「モミ」または「ムササビ」と呼ばれていた。
この内の「モミ」が転じて「モモ」となり、江戸時代に「モモングァ(漢字の当て字は『摸摸具和』)」という語形が生まれ、「モモングァー」「モモンガー」を経て、最終的に「モモンガ」になったと推測されています。
本州では妖怪扱いされていた時代もあり、子供を脅かすときや、誰かの悪口を言ったりするときに、「ももんがあ」ということがあるそうです。
北海道のアイヌ民族からはエゾモモンガが子守する神として知られていたといいます。

去年のイベントではモモンガは、しょっちゅう遊びにきて5分に1度は見れて見るとすぐ背をむけて帰るを繰り返していました。



●持ち物

・水を入れる容器
・ザック(バックパック)&ザックカバー 
・トレッキングシューズ(登山靴またはトレッキングに適したシューズ) 
・トレッキングポール(お持ちの方) 
・レインウェア 登山用(上下セパレートタイプ) 
・ヘッドランプ ・飲料水1リットル程 
・トレッキングに適した服装
(化繊かウール素材がおすすめ) 
・帽子 ・防寒着(フリース・ダウンなど) ・昼食 ・グローブ(手袋)・行動食
・サングラス(お持ちの方) ・トイレットペーパー
・保険証 ・筆記用具 ・常備薬など
・着替え ・歯ブラシ
・テント一式 テント泊の方

アクセス

駐車場名 桜平駐車場(上・中)
駐車台数 20台+60台
駐車料金 無料
緯度経度 36.010069  138.336414
ダート路 有
トイレ 有

諏訪インターチェンジを下りて国道20号線の白樺湖・蓼科方面へ右折、国道152号線との立体交差を側道から左折し7.1kmほど先の山寺上の交差点を県道17号線の富士見方面へ右折、続く南大塩の交差点で尖石遺跡方面へ左折する。道なりに進むと三井の森の別荘地を過ぎて未舗装路となり、すぐに唐沢鉱泉との分岐があるので右折してダート路を4.5kmほど進むと登山道方面との分岐の奥に計20台分、600mほど手前に60台分の駐車場が整備されている。トイレは(中)駐車場に設置

桜平登山口駐車場

イベントページ (山のパティシエ)

イベント企画の場合、特別料金になりますが貸し切りではなく不特定多数の募集となります。
新しい山仲間との出逢い、気軽に体験ができるのも魅力です。
料金は、山のパティシエの出張費、交通費、宿泊費、食材費等、全てが含まれた料金となります。

★予約制となります★

ライン以外の方、お問い合わせはメールにて、ご予約、お願いいたします。
下のお問い合わせよりメールをください。

お支払・キャンセル等

●お支払
・当日 現金のみとなります。

●キャンセルについて
・キャンセルは開催日3日前まではキャンセル料はかかりません。
・キャンセル2日前から、食材費等の請求が発生します。
雨天など天候などの中止はキャンセル料はかかりません。
・当日キャンセルは、料金の70%を請求させていただきます。
前日までのキャンセルをお願いいたします。

●催行判断について
・雨天決行ですが、川の増水などにより危険が予想される場合は中止になります。
・原則として、前日18時に催行判断しますが、急な河川の増水などの影響によっては、当日朝に中止になることもあります。
・中止の連絡は、事前にうかがった携帯電話またはメールにご連絡致します。

●予約枠に空きのある日程への変更はキャンセル料金はかかりません。予約変更不可の場合は、規定のキャンセル料金が発生しますのでご注意下さい。ご連絡はお早めにお願い致します。

●天候や山のパティシエによるツアー中止の場合は、キャンセル料はかかりません。

【催行当日のご注意事項】
・ご連絡なき遅刻の場合は当日キャンセル扱いとなります。
・集合時間に遅刻されると、事前に連絡をいただいていても、場合によっては参加頂けないこともあります。

***必ずお申込前にご一読ください***

【イベント中の事故や怪我に関する特記事項】
・イベント代金には、傷害保険加入料が含まれておりません。
各自、1dayスポーツ保険などに、ご加入をお願いいたします。

・小学生や中学生が参加される場合は、必ず保護者の方がマンツーマンで一緒に参加し、フォローしてください。

・大きな危険(死亡や重大な障害を含む)を内包した野外活動であり、安全を確保する装備や技術が完全でないことを認識した上でご予約ください。

・参加者本人が危機回避の為に行動を選択しなければならない時があり、スタッフは参加者の全ての行動に責任を持ちえないことをご理解ください。

・ご注意
■岩場や高さのある段差の登り降りなどによる怪我■
参加者の骨密度、姿勢、歩き方よっては、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの怪我をする可能性があります。

■岩や階段等を登り降りによる怪我■
 自然の岩は一見、危険がなさそうに見えても、足をつまずいたり、かかとを打ったりして、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの怪我をする可能性があります。

■自分の無理のないペースでゆっくりと■
周りのペースに無理してついていかず、自分のペースでゆっくり登りましょう。
リーダーが様子を見てなるべく調整をしますが、もし歩くペースが速い時は休憩の時に伝えてください。
序盤から速いペースで歩かないようにしましょう。
序盤は、ゆっくりを意識して。
(特にお子様)

 ※他の参加者がこれらの行為を無事に楽しんだのを見て、同様にされて怪我をすることもあります。
自己判断せずに、必ずリーダーに相談して下さい。

powered by crayon(クレヨン)